株式会社イノベンチャー

過剰在庫を処分したい
メーカー様へ

イノベンチャーが選ばれる
3つのポイント

多くの企業では、残念ながら「過剰在庫・不良資産専門に豊富な商流とリソース」を用意できていません。
その結果、多くのプロダクトが「廃棄」されたり、「ブランド崩壊にも繋がる安売り」を余儀なくされています。
弊社は豊富な商流と再マーケティングシステムによって、数多くの企業様の在庫消却を、継続的に一手にお引き受けしており、
お蔭様で、高い評価を頂戴しております。

ブランドを保持しながら過剰在庫がキャッシュに生まれ変わります!
ブランドを保持しながら過剰在庫がキャッシュに生まれ変わります!
POINT 01

ブランドを保持しながら、
過剰在庫がキャッシュに
生まれ変わります!

過剰・余剰在庫には、保管コスト・廃棄コストが付き物です。
在庫で過剰・余剰在庫を発見し次第、ご連絡ください。
弊社イノベンチャーはブランドを保持する商流(主に無償プレゼント使用企業)へ再流通を行いますので、他企業と違い、ブランドマネージャー様が安心して、在庫をキャッシュへ転換することが可能です。

同時に広告販促・サンプリング効果も得られます!
同時に広告販促・サンプリング効果も得られます!
POINT 02

同時に広告販促・サンプリング効果も得られます!

社内で抱える過剰在庫は、ネガティブに思われがち。過剰・余剰在庫を弊社イノベンチャーにお任せいただければ、ポジティブな資産へと早変わり!消費者へ無償のプレゼントとして配布活動が行われますのでサンプリング効果(試用者獲得)はもちろんのこと、来場者を増やそうとする企業様は4マス告知&WeB告知はもちろん、メルマガ・チラシやDMを万単位で発行しますので、各種媒体をジャックし、広告宣伝効果まで得ることが可能となります。

とにかく消化スピードが速い!
とにかく消化スピードが速い!
POINT 03

とにかく
消化スピードが速い!

在庫消化=取引成立までに時間が長くかかったのではプロダクトの価値が低減していってしまいます。保管コストも莫大。四半期・中間決算・本決算までに在庫消化したい!そのようなご要望に、弊社イノベンチャーでは、即断もしくは、1~2週間内に弊社営業が景品として、各企業にご案内&取りまとめて、一気にご発注致します。※商品次第では即決(即発注)のケースも多々御座います。

これまでこのような商品の過剰在庫の悩みを解決してきました

コンビニエンスストア・スーパーマーケット・ドラッグストアで取り扱っている商品全般の過剰在庫に向き合い、
お客様のお悩みをブランド保持型二次流通という形で解決し続けています。

モノ

食品
飲料・栄養ドリンク・菓子・調味料・油・加工食品類・冷凍食品・ペットフード・酒類(ビール・ワイン・日本酒等)
日用雑貨
洗剤各種・バス・トイレタリー・化粧品・入浴剤・文具類・調理器具・ぬいぐるみ・芳香剤・消毒液・マスク 等々

上述にないサービスでも、お気軽にお問い合わせください

  1. 製販計画のズレによって
    生じた過剰・余剰在庫

  2. 新商品投入によって
    廃盤が決定された結果、
    過剰・余剰在庫となった商品

  3. パッケージ変更によって
    生まれた
    旧パッケージ過剰・
    余剰商品

  4. パッケージ・シール表記が
    課題となって過剰・余剰と
    なってしまった商品(キャンペーン終了品)
    (キャラクターライセンス使用商品)

  5. 季節(期間)を過ぎてしまい
    過剰・余剰となった
    季節(期間)限定商品

  6. チャネル限定により、
    他流通チャネルには販売でき
    ずに過剰・余剰となった商品

過剰在庫にお悩みの企業担当者様は
今すぐご相談ください

大手有名メーカー様140社以上との継続取り組み実績あり

お問い合わせはこちら

お急ぎの方はお電話から
お問い合わせください。

過剰在庫の消化・販売を実現した
お客様から嬉しい声も頂いています

過剰在庫に悩まれていた企業様のご感想やご意見について紹介しております。なぜ在庫消化に当社を選ばれたのか、
どういった商品を消化し、どのような効果が得られたのか、検討中のお客様にも参考にしていただければと思います。

東京都 東証一部食品メーカーさんのイメージ

東京都
東証一部食品メーカー

弊社はCMも多数打ち、グローバル展開する食品メーカーですので、ブランド保持の観点から安易な安売りは厳禁。といってもSDGsの流れもあり廃棄も避けねばなりません。毎月定例ミーティングを持ち、過剰在庫消化はイノベンチャーさんへ一任しております取引は18年以上になります。

東京都 東証一部化粧品メーカーさんのイメージ

東京都
東証一部化粧品メーカー

弊社は、百貨店・ドラッグストア中心に化粧品を販売しております。化粧品はブランド命。安易な安売りなどもってのほか。とは言っても、毎シーズン新商品への切り替えがあり、旧型商品は廃棄し続けていました。イノベンチャーさんを活用し、旧型商品でもサンプリングしていただき、ブランド認知、ブランドスイッチを起こす起爆剤として、前向きに商品を提供しています。

お問い合わせから
在庫消化までの流れ

お問い合わせいただいてから、過剰在庫が消化・販売がされるまでの流れをご紹介します。

  • お問い合わせ

    お問い合わせフォーム】もしくは、お電話にて、御社からお問い合わせをいただきます。

  • お電話&ご面談

    弊社イノベンチャーからお電話。ブランド保持型在庫消化をご説明&ご相談の上、アポイントをいただき、ご商談(リアル・リモート)となります。その際に、御社より過剰在庫リストをご提示いただきます。

  • 在庫リスト&サンプルのご提供

    御社とご面談の上、適切な商流(販売先)・販売形態をご提案します。
    弊社より「商流限定誓約書」を提出致します。

  • 弊社営業社員の一斉営業
    (約1~2週間)

    ステップ3のご提案内容に基づき、御社より許可をいただいた各商流(販売先)に在庫消化について一斉打診いたします

  • 正式発注・お支払い

    弊社イノベンチャーから御社に正式にご発注。代金お支払い。(事前に販売先と使用用途もご報告致します)
    お取組みが継続・安定的になってきましたら、お互いのオペレーションコスト低減の為、原則、納品月末・翌月末払いへ移行いただきます(ほぼ100%大手上場メーカー様も本条件で継続取引中)*帝国データバンク与信情報をご確認ください。

  • 御社より弊社倉庫へご納品

    御社から在庫商品を、原則、弊社倉庫(岐阜県・千葉県)にご納品いただきます。

  • 景品として販売した企業の開示・
    サンプリング効果のフィードバック

    ブランド保護・強化の観点、再購買へ向けてレポーティングさせていただきます。

  • 継続的な在庫問題への取り組み

    以降、継続的に御社在庫問題に、弊社と御社で共同でお取り組みいたします。
    (過剰・余剰在庫の発生防止も含む)